トップページ暮らし・サービス>日々の暮らし

日々の暮らし

ある日の入居者(70代、単身女性)が友人にあてた手紙

○○ △子様

早いもので、聖蹟プライムコート東大宮に入居して半年が経ちました。はじめの2~3ヵ月は引越し荷物の整理で一日が慌ただしく過ぎてしまったように思います。

引越し前、家の中の物は随分処分したつもりでしたが、いざ引越してみると、部屋の中は段ボールで埋まってしまい、正直ため息が出ました。
幸い、引越し後何日かは施設のゲストルームを利用できるので、ある程度片付くまでゲストルームを使わせてもらいました。私は引越しの手伝いをしてくれる家族がいないので、どうなることかと思いましたが、職員さんにもお手伝いいただいて意外と早く片付きました。
転入手続きや金融機関での手続きなども職員の方が付き添って手伝ってくださったので、とても助かりました。1人ではこうはいかないですから。

食事は入居者専用の食堂(ダイニング)でいただくことができますが、朝はゆっくりしたいので、自分の部屋で簡単なものを用意しています。
毎週1回、「お楽しみメニュー」というのが夕食時にあって、毎回楽しみにしているんです。昨日のお楽しみメニューは、マグロのたたき、みょうがと豚肉の黒酢炒め、うなぎとキュウリの和えものなどが出ました。使っている食材の品目も多いし、1人暮らしの家庭ではなかなか作ることのできないメニューですよね。

施設の中では、入居者同士のサークルなどいろいろな催しがありますが、水曜日の「健康体操」は必ず参加するようにしています。インストラクターの先生がストレッチを中心にした運動を指導してくださるんです。
高齢者が一番気をつけなくてはいけないのは転倒だそうです。先生がおっしゃるには、年を取っても運動をすれば筋肉の衰えを防げるということなので、あきらめずに頑張ろうと思います。

サークル活動の他に、「プライムカルチャー」といって、いろいろな分野の専門家の方が講演をしてくださる催しもあるんです。ホームの中にカルチャーセンターがあるような感じです。
先日は歌舞伎座の元支配人が「歌舞伎の魅力」というテーマで歌舞伎の楽しみ方について講演してくださいました。次回はピアノ伴奏付きのサイレント映画上映会が行われるというので、とても楽しみです。

プライムコートの周りはウォーキングコースがたくさんあって散歩をするのが楽しいです。大きな公園と調整池があって、カモやシラサギなどの鳥を見ることができるんですよ。この間はカワセミがいたとかで、デジカメクラブの方が撮った写真がホームに飾ってありました。

そういえば、入居者の方がおっしゃっていたんですが、プライムコートの大浴場から見える庭に去年、カルガモが雛をかえしたんですって。運が良いとお湯に浸かりながらカルガモの親子を見ることができたらしいです。2年続けてカルガモが巣を作ったというから、今年も来てくれるかなと期待しています。

一昨年、自治医大さいたま医療センターで手術をして、今でも何ヵ月かに1度通院しています。プライムコートでは自治医大さいたま医療センターへ送迎の車を出してくれるので、ありがたいと思っています。
プライムコートに入居を決めた理由のひとつは、医療機関への紹介や送迎などをスムーズに行ってもらえることでした。実際に入居してみると、眼科や複数の医療機関への送迎もきめ細かく行っているので安心しました。

暖かくなったらぜひ遊びにいらしてください。東大宮駅東口からプライムコートへ行く送迎バスが出ているので、それに乗ると便利ですよ。施設の1階に美味しいフレンチレストランがあるので、ランチはそこでいただきましょう。

まだ肌寒い日が続くのでお体に気を付けてください。

次のページへ
見学のご予約・資料請求はこちらから 0120-151-628 電話受付時間:9:00~17:00 年中無休 メールお問い合わせフォーム