埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮 のスタッフブログ

2018年5月アーカイブ

 今日5月17日、「伝統化粧の美意識~浮世絵に描かれた江戸の化粧」と

題したセミナーを開催しました。

講師はポーラ文化研究所のメンバーの方です。

 

ポーラ文化研究所は、「化粧・女性・美意識」をキーワードに、

東西の化粧史や各時代の風俗など、化粧にまつわる幅広い研究活動を行っている機関です。

 

セミナーでは浮世絵を見ながら、そこに描かれている女性の髪形や化粧について

興味深いお話をたくさんお聞きすることができました。

 

例えば、白粉を刷毛で塗っている女性が描かれたある浮世絵の場合、

人気ブランドの刷毛を使っていること(刷毛にブランド名が書かれている)や、

高価な紅を使っていること、島田髷に結っていることから、

裕福な未婚女性であると推測されるとのことです。

 

ちょっとした知識があるだけで、浮世絵の見方が何倍にも面白くなるということがわかりました。

江戸時代の女性も現代女性と同じようにスキンケアに気を使い、

美しく装うための努力を惜しまなかったのだなと思いました。

 

浮世絵と化粧(小サイズ).jpg
埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮
聖跡プライムコート

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別 アーカイブ