埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮 のスタッフブログ

2013年8月アーカイブ

「福祉車両乗車体験」

| コメント(0) | トラックバック(0)

車いす3.JPGプライムコートの3階に併設する「介護付き有料老人ホーム 聖蹟プライムケアコート東大宮」には、車いすやストレッチャー対応の車両があります。

 

車いすで車に乗るとどのような感じなのか、実際に体験してみました。

 

車いすの下部に金具を引っかけ、スイッチを押すと金具が付いたベルトがきつく締まります。

その上で、シートベルトを(利用者の)腰付近に付けます。

リフトが上がって車に乗ると、今度は肩にシートベルト付けます。

 

リフト式機械で車いすのまま持ちあげられる間ほとんど振動は感じませんでした。

また車が走っている間も(もちろん制限時速を守って安全運転しています)横揺れがほとんどなく、不安感は全然ありませんでした。

 

車いすを操作するのは簡単そうですが、なかなか難しいです。それは車いすに実際に乗ってみるとよくわかります。例えば、いきなり車いすを押されたりするとびっくりしますよね。

ヘルパーや介護士の資格を持っている職員は車いすの操作の仕方はよく理解していますが、そうでない職員も日ごろから研修を受けて車いすの対応がスムーズにできるようにしたいと思っています。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「殉愛 ~原節子と小津安二郎~」

| コメント(0) | トラックバック(0)

61+j8cv3C7L__AA200_.jpg『殉愛:原節子と小津安二郎』(新潮社)の著者、西村雄一郎氏(映画評論家)による講演が昨日、聖蹟プライムコート東大宮で行われました。

 

原節子をヒロインとして制作した代表作、「晩春」、「麦秋」、「東京物語」の特長や内容について具体的に解説していただきました。また、小津監督の映画制作における姿勢や原節子に寄せるプラトニックな思いなど、興味深いお話もたくさん聞くことができました。

 

 

 

西村氏のお話しの中で印象に残った言葉は、「小津の作品のテーマは『家族の崩壊』である」という言葉です。

    「晩春」でいえば、妻に先立たれ、一人娘を嫁に出した後の父親(笠智衆)の姿に、人間はいずれ

    一人になり、一人で死んでいくものであるという運命が投影されている。寂しくもあり、それが生き

    るということでもある。

 

小津作品は今の時代にも訴える何かを持っているようです。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

映画「二つの祖国で」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 200.jpg 昨日、8月18日(日)13時~、BSフジで映画『二つの祖国で』が放映されました。
太平洋戦争中、米国兵として出兵した日系アメリカ人の中で、日本語に堪能で(諜報活動などを行っ)MISに所属した日系人たちの証言を基に制作されたドキュメンタリー映画です。

この映画を制作した、すずきじゅんいち監督が、7月30日にプライムコートに講演に来てくださいました。
すずき監督は日系米兵を題材にした映画を3本制作されています。
太平洋戦争ばかりでなく、ヨーロッパ戦線でも多大な功績を残した日系米兵。しかし、その功績は日の目を見ることなく忘れ去られようとしています。証言者となるべき戦争体験者の日系人も高齢化しています。
そういった危機感の中、若い人たちに歴史の真実を伝えなければいけないという使命感のもと作られた映画です。

映画のDVDが発売されています(レンタルもあります)ので、ぜいご覧になってみてください。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「うな丼、はじめました」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

unagi.jpg

 

 

暑い日が続くと、「鰻が食べたい!」と思う方はおおいはず。 

 

聖蹟プライムコートでは、8月12日、限定10食で「うな丼」をご提供することになりました。

(プライムコートの厨房で調理します。ご入居者限定です)

 

うなぎは、愛知県一色産。

老舗で提供するものとそっくり同じものとまではいいませんが、味は確かです。

 

申込はあっという間に定員に達してしまいました。

12日が楽しみです。

 

 

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮
聖跡プライムコート

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

月別 アーカイブ