埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮 のスタッフブログ

2010年12月アーカイブ

「ヴィジェ・ルブラン展」

| コメント(0) | トラックバック(0)

200px-Lebrun,_Self-portrait.jpg今年もあと1週間です。

 

ヴィジェ・ルブランといえば、この自画像です。

来年3月1月~5月8日、東京・丸の内の三菱一号館美術館で「ビィジェ。ルブラン展」が開催されます。

 

あのマリー・アントワネットに寵愛され、アントワネットの肖像画をいくつも描いた女流画家です。

 

自画像を見るととても可愛らしい女性で、アントワネットに好かれた理由もわかる気がします。

と、同時に、ルブランが描いたアントワネットの肖像画を見ると、なぜ寵愛されたのかが理解できます。

 

ルブランの描くアントワネットは、ハプスブルグ家の遺伝的特徴を抑えて描かれています。ハプスブルグ家出身者の顔の特徴は、「広い額と受け口」です。ルブランではなく、別の画家が描いたアントワネットの肖像画は、その特徴がよく出ている肖像なので、「なあんだ、マリー・アントワネットって、そんなに美人じゃないな」と感じます。

 

そんな話はさておき、ルブランの個展が開催されるのは珍しいので、アントワネットやフランス革命に興味のある方は見てみる価値はありそうです。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「冬至の富士山」

| コメント(0) | トラックバック(0)

mtFuji.JPGあと2日で冬至です。

 

写真は、聖蹟プライムコート東大宮から撮影した富士山と夕日です。

富士山と夕日の距離が一番近くなるのが冬至なのだそうです。

 

そこで、プライムコートではこの時期、夕暮れ近くになるとシャッターチャンスを狙ってカメラを構えるご入居者の姿を幾人かお見かけします。

 

キリストの生誕を祝うクリスマスが12月25日になったのは、古代ヨーロッパ土着の信仰である~冬至まつり~に由来すると言われています。

ヨーロッパばかりでなく、世界中で冬至を神聖な日と位置付けている国はたくさんあると思います。

昔の人は、冬至に「死と再生」を重ねて見ていたのでしょう。

 

それはともかく、22日の冬至の夕暮れに、みなさんもぜひ富士山とその横にある夕日をご覧になってみてください。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「東北のこけし②」

| コメント(0) | トラックバック(0)

hijiori.JPG12月4日にご紹介した東北のこけしは聖蹟プライムコート東大宮の2階ギャラリーに展示されていましたが、最近作品が入れ替わりました。

 

写真のこけしは、とてもユーモラスな表情です。福島県は、土湯系のこけしです。土湯も温泉地として有名ですね。

 

東北の伝統こけしは、冬は雪に閉ざされる農村の家内工業であり、収入源であったとも言われています。こけしたちを見ていると、雪深い山村の風景が思い浮かぶような気がします。

 

次回はどんなこけしが登場するか楽しみです。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「自然観察会~野鳥観察~」

| コメント(0) | トラックバック(0)

shizsenn.JPG第3回自然観察会を行いました。

テーマは「野鳥観察」です。

 

今回で3回めとなる「自然観察会」は、聖蹟プライムコート東大宮のご入居者向けアクティビティ活動のひとつです。

 

プライムコートの周辺は大きな公園や調整池があります。時々野鳥観察をしているグループがウォーキングしている姿も見かけます。

 

今の季節よく見かける鳥は、オオアオサギやヒヨドリ、カイツブリなどです。

ヒヨドリという名前はよく聞きますが、実際に観察する機会は意外とないものです。シラサギはよく見る鳥ですが、その兄弟筋にあたるオオアオサギは、教えてもらって初めて「そうなのか」と気づく鳥かもしれません。

ボランティア講師の方がオオアオサギが見られるように望遠鏡をセットしてくださり、「アオサギって目がつぶらなんだなぁ」といった感想が聞かれました。

 

野鳥観察ばかりでなく、落ち葉の説明や落ち葉のメカニズムも説明していただき、楽しい観察会でした。

 

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「東北のこけし」

| コメント(0) | トラックバック(0)

kokeshi.JPG写真のこけしは東北の伝統こけしです。

 

一番大きい右側から、「遠刈田系」、「弥次郎系」、「鳴子系」の作品です。

全てプライムコートのご入居者が収集されたものです。

 

東北のこけしは地域独自の特徴を持っていて、それぞれの一群は「系統」と呼ばれています。

上にあげた以外にも、「作並」、「土湯」、「肘折」などがあります。

 

気付かれた方も多いと思いますが、これらの系統の名前は、東北の温泉地の名前とだぶります。こけしは、江戸時代後期、湯治に訪れた農民のお土産用として盛んに作られたとも言われています。

 

こけしに手足がないのは、棒状の物に対する信仰心のような、民俗学的な意味合いがあるではないかという説があります。

 

話はもどって、写真のこけしは聖蹟プライムコート東大宮の2階ギャラリーに現在展示されています。東北のこけしに関する説明も置いてありますので、プライムコートへお越しになった際はぜひご覧ください。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮
聖跡プライムコート

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

月別 アーカイブ