埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮 のスタッフブログ

2010年9月アーカイブ

「巡礼の碑」

| コメント(0) | トラックバック(0)

P9270701.JPG去る9月27日、あいにくの雨でしたが、権現堂に曼珠沙華(彼岸花)を見に行く日帰りドライブを実施しました。

 

お花見の時期は圧巻であろう桜堤の斜面に彼岸花がほぼ満開に咲いていました。

(雨に煙る彼岸花もまた風情があります)

 

堤の一角には立て札(写真)が立っていました。

 

説明書きには、

「1802年、長雨のために利根川の水位が上がり、遂に決壊。補修工事に人々が手をこまねいていると、その時そこを通りかかった巡礼の親子が自ら人柱を申し出、流れに身を投じた。するとたちまち洪水がおさまった。

これに対し、『工事は無駄だ』と言った巡礼親子に工事の人夫たちが怒り、親子を川に投げ込んでしまったという説もある」

とあります。

 

同じ利根川流域の栗橋町(現:久喜市)でも、「旅の親子を川に投げ込んだ」という伝説が残っています。

栗橋町の場合は、人身御供となった親(母親?)が川に投げ込まれる時、「せめて子どもだけでも(助けてください)」という言葉を残したので、「一言様(ひとことさま)」と呼ばれて供養されています。

 

洪水や築城などに際し、人柱(人身御供)をたてたという伝承が日本中に残っています。

 

人柱(人身御供)にされる人は、土地に定住しない、いわゆる「流れ者」でした。

ムラによっては、流れ者に食住を与えて世話をし、いざという時の人身御供や、(争いなどで)刑罰を受ける村人の身代わりにしたということです。

 

悲しい歴史の一面です。

 

 

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮

「グルメツアー ~浦和のうなぎ~」

| コメント(0) | トラックバック(0)

unagi.JPG聖蹟プライムコート東大宮のアクティビティ活動のひとつ、「グルメツアー(外食ツアー)」を実施しました。

 

 行き先は、「元祖うなぎ」で有名な小島屋さんです。

 

 9月を過ぎても残暑が厳しく、スタミナ切れを起こしている方が多いのではと思い、「うなぎ」にしました。

 

 

さいたま市の浦和は、うなぎの老舗店が多いことで有名です。

うなぎ好きの人たちはそれぞれごひいきのお店があり、ひとつに決めるのは難しいのですが、ここは「元祖うなぎ」として200年も前から営業している川魚料理店の小島屋さんにまずは行ってみようということになりました。

 

小島屋さんのうなぎは、かみごたえを重視した焼き方なので、口の中でとろりと溶けるようなうなぎが好きな方には少し抵抗があるかもしれません。

ところが、何回か小島屋さんのうなぎを食べていると、そのかみごたえ感が気にならなくなり、どんどん箸が進んでしまうのが不思議です。

いつもは小食のご入居者も、あっという間にうな重を完食されていました。

 

小島屋さんは店構えも老舗の風格があり、店内も落ち着いた雰囲気です。

テーブル席は少ないので、足腰に不安のある方は早めに行かれたほうがいいと思います。

埼玉県さいたま市東大宮にある住居型有料老人ホーム 聖蹟プライムコート東大宮
聖跡プライムコート

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

月別 アーカイブ